大人の遠足 福井探訪その②

2017年05月13日

福井探訪続き

田邊酒造さんの次に向かった先は同じく越前町にある酒蔵『吉田酒造』。
白龍というお酒を醸す蔵。
実は私、黒龍というお酒は何度も飲んだことがありましたが、白龍というお酒は今年初めて知ったのです。
あべの近鉄百貨店で開催されていた日本酒フェアで、初めて試飲させていただき惚れてしまったお酒。
今回蔵の方に連絡を取って早速訪問させていただいたという訳です。

立派な杉玉が正門を飾っています。

この塀を見るだけでかなり立派な蔵だとわかりますね~。

ワクワクしながら店舗のほうへ

こちらが店舗。
こちらでお酒についての説明を受けたり、試飲をさせていただいたりします。

まずは酒蔵の見学へ

もう仕込は終わっているので、きれいに片づけされていました。

酒タンクもあとは出荷を待つのみです。

酒造りの工程についてのこんな絵も楽しい(これは店舗の方に掲示されています)。

さてさて、蔵見学を終えたらお酒の試飲。

すっきり系からきれい系、どっしり系までどんどん試飲し
すっかり酔っぱらい。

購入したお酒は次の日に車でピックアップすることにして蔵を後にしました。


駅まで向かう道から見えるは田園風景。

田植え前の水田に映る山々の姿がとても美しかったです。

山の裾には九頭竜川が流れています。

単線の線路と懐かしい踏切がなんだか心を和ませます。

酔っぱらっていることもあり、はぁ旅っていいわね~とご満悦。

電車に揺られて福井市内に戻りました。

この後はディナーハントに繰り出します。
どんな料理に会えるやら。






  


Posted by 玲子先生 at 21:19Comments(0)食べ歩き小旅行酒蔵めぐり

大人の遠足 福井探訪その①

2017年05月09日

GW終わりましたね。
フリーランスの私にとって、世間でいうところのGWってのは特に関係ないのだけれど。
それでもやっぱりお休み合わせて友人と旅に出るってことができるシーズン。

今年もいつもの旅友Tちゃんと1泊2日の旅に出かけました。
今回の行先は福井県。
メインイベントは酒蔵巡り。

旅の手配はいつものことながらぎりぎり。
とりあえず、無駄なお金は省いてその分美味しいものを食べようという計画。

福井までの高速バス往復 ¥13,000
福井市内での宿泊 ¥10,000
現地でのレンタカー1日 ¥3,000
合計二人で¥26000

えっ!face08
一人¥13,000の旅。
安い!

福井までなら列車で行くと2時間なんだけど、2時間ってしゃべって飲んで過ごすとあっという間。
バスの3時間が意外と楽しくってよいのです。
朝の9時過ぎからワイン開けて、しゃべって、寝て。
気付けば到着。

小腹を満たすため越前そばを食します。

越前そばには辛味大根。
つゆの中に大根おろしが初めから入っていました。
ほろ酔いで到着の我々にはちょうど良いランチとなりました。

さて、さっそく一軒目の酒蔵へ

えちぜん鉄道に乗って観音町駅まで

鉄道の線路沿いに佇む『田邊酒造』。

雰囲気のある酒蔵さん

永平寺ご用達のお酒を醸してらっしゃいます。

先ずは酒蔵の中を案内していただきました。
これは米を蒸したりするのに使う釜をかける炉。
昔ながらのこんな炉を使ってらっしゃる蔵を初めて見ました。

かなり大きい釜と少し小さい釜をかける炉が二つ並んでいます。

そして使用するお水はこちらの井戸から。
かなりの軟水で柔らかいお水。
これがこちらのお酒の特徴ともなっていますね。

さてさてお楽しみの試飲

先ずは蔵でしか飲めない秘密の酒。
ノンラベルの秘蔵酒。
今年初めて試したという福井酵母を使ったものや大吟醸の生酒など。

いやぁ美味い!
とは言えこれは売ってないので買えないけどね・・・


次々出されるお酒を飲みほし、すっかりいい気分。

このあたりの名物 胡麻豆腐をアテに出していただき、さらにお酒が進みました。
どれを買うか非常に迷いながらもお取り置き。
次の日に車で立ち寄り、送ってもらうことに。
だって、この先まだ寄らないといけない酒蔵がありますからね。
最終的に何本買うことになることやら・・・

楽しみです。


こちらで出会った素敵な言葉。
『酒縁に感謝』

旅先では正にこれ。
酒縁に感謝 するシーンがたくさん。

ここで出会った方に次の酒蔵まで車で送っていただくという素敵な縁に恵まれました。
ありがとう。







  


Posted by 玲子先生 at 14:20Comments(0)食べ歩き小旅行酒蔵めぐり

クミン@難波

2017年04月28日

今週はなんだかんだと忙しい。
明日からGWだなんて驚きです。
週末はお仕事なのでとりあえず私は5月に入ってからお休みします!

って、もう5月!!

えっ。5月の教室のレシピ作成まだできてない・・・
あっ。GWには畑いけないから新鮮野菜の手配どうしよ?

と結構焦るこの数日。

焦りながらも仕事帰りの水曜日。
いつものお店でまったり。

いつものお店『クミン』。松竹座の裏手にあるとっても美味しくて落ち着けるこじんまりしたお店。

先ずは白ワインから。
グラスの奥に映るは朝に畑で採ってきたハーブや野菜。
少しおすそ分けしました。

野菜の前菜の盛り合わせ。
新ごぼうのサラダやそら豆のサラダ、セロリのピクルスなどなど。
体が喜ぶ一皿でした。

そしてこの季節に食べたい桜エビとクリームチーズのかき揚げ。
海老の香りにとろっと柔らかなクリームチーズ。
大好きな一皿です。

メインになにわポークのスペアリブを焼いてもらいました!
美味しい!
大満足。
そして

お肉にはやっぱり赤。

ふふ。
2杯だけ飲んだように見せかけて
実はこの時点で4杯。



その後



お友達のお家でさらに飲んじゃった。


という週の真ん中水曜日。








  


Posted by 玲子先生 at 10:06Comments(0)食べ歩き

日本酒ビストロオダギリ@北新地 

2017年04月25日

誕生日月以来2か月ぶりの訪問。
北新地の『日本酒ビストロ オダギリ』へ。
ずいぶん前にお料理教室の生徒さんたちと貸切予約してと~っても楽しみにしていた日。

朝からご飯は控えめに。ウキウキでお店に到着です。

乾杯は紀土のにごりスパークリング。

お料理は分厚いトリュフが添えられたカリフラワーのヴルーテ。
炙ったオマールエビも入っていて最高に美味しい。
添えられたパンで最後の一滴まできれいにいただきました。
フレンチテイストのお料理に日本酒。不思議とマッチします。

続いてこちら。
華やかなお花を散らした一品。のれそれの下にはトマトの滴ジュレ。
時間と手間がかかった一品に顔がほころびます。

お酒はこちら。
ふだん大吟醸とか飲まないけれど、こうしてお料理に合わせて出していただくと好みのお酒とお料理合うお酒って全く異なるものだと実感します。自分で選ぶとどうしても偏ったお酒になってしまうので・・・

硝子のお皿に盛られた冷たいお造りと温かい焼き野菜。

ピクルスに盛られた金目鯛のお造りと雲丹。

ホワイトアスパラと菜の花にはたっぷりの削りミモレット22か月熟成。
そしてこれらの野菜にはフルーツガーリック塩が使われていて味が深くて香りが豊か。

お酒は杜氏の神様と言われる農口杜氏が醸したこちら。
まったり濃厚。熟成したチーズによく合います。

続くお料理はお魚料理
カウンターで料理が盛り付けられていく様を見れるのもこのお店の魅力。

炙りをかけた御飯に

かりかりに焼いた金目鯛と芽ネギが重ねられ

スープを注いで

完成。
添えられたアミカサダケがうまみをさらにアップ。
ご飯を崩しながら、かりかりの皮目を楽しみながら、魚のふっくらした身を味わいながら・・・

お酒もどんどん進むという仕組み。

続いてお肉料理

国内産としては唯一の山形産アスパラソバージュ。
なんと栽培に成功するのに16年もかかったそう。
春のお野菜タケノコ、フランスのタンポポの葉 彩りもとても美しい。

そこに、蕗の薹味噌をまとって子羊のお肉。

肉料理に合わすは七本槍。

はぁ。大満足。色々大満足。


最後に酒粕入りのクリームブリュレと

豊臣秀吉愛飲の復古酒

何度行っても何を食べても最高のお気に入りのお店です。






  


Posted by 玲子先生 at 11:08Comments(0)食べ歩き

松やま@八尾

2017年04月22日

近鉄沿線ぶらり飲み。
八尾の『松やま』へ

昭和歌謡がかかりちょっとレトロな雰囲気の素敵なお店。

日本酒がそろう私好みのお店にお友達のKちゃんがお誘いしてくれました。

旬のほたるいかはテッパン。

早速いただくお酒は東郷
手前に見えるは太刀魚の焼物

こんなふうに三つ編みされて焼かれてます。これには感動。
ふわっふわの太刀魚、火の入りもバツグンでした。

卵の味噌漬けにイカのお造り。
これ酒飲みにはたまらない。

続いて強力。
早々に燗酒に突入です。

酒器も可愛い。

春のサラダ。春らしくほんのりした苦みが燗酒に合います。

燗酒がどんどん進みます。

安定の竹泉

ちびちび食べ進めるなめろう

春の山菜の天ぷら

最後はどど~んっとにごり酒を

燗にしていただきました。

はぁ~。近鉄沿線 いい店ありますなぁ。







  


Posted by 玲子先生 at 10:04Comments(0)食べ歩き日常

典@北浜

2017年04月21日

久しぶりの食べ歩きシリーズ。
基本的に私は気に入ったお店に通いたいタイプなのであまり新しいお店や話題のお店を開拓することないのだけれど。
ご紹介いただいたり、お誘いいただいたりして自分の中のお気に入りを増やしてます。
先日お誘いいただいて、久しぶりに通いたいと思ったお店がこちら『典』。
北浜にある全席16席のこじんまりしたお店です。

予約してくださったこの日は、月に二度設定されている食べ放題の日。
新鮮なお魚や美味しいアテを心置きなく楽しめる。
その代り、お酒めっちゃ進みますけどね。

さっそく

天然ものだけを扱う店主の渾身のお造り盛り。
写真からも新鮮さや美味しさが伝わることと思います。

お魚のショーケースには見たことないようなお魚がたくさん

メニュー見ても初めて聞く名前のお魚多し。
これらの魚を使って

煮付けや

天ぷらなんかも作ってくださいます。

お酒はiPadを見て選ぶシステム。

結局全種類飲んだような気がする・・・

再びお造りに戻って

さらに天ぷらもいただく。

さくさくで美味しくてついつい追加

ようやくアテのたたききゅうり

そしてなめろう

野菜が食べたくなったらこんなものも。
茄子の煮びたし

ちょっと出汁系が欲しくなったらあさりの酒蒸し

お腹いっぱい
お酒も結構いただいた。

しかし食べ放題という言葉が心をくすぐる。

なんと最後にこんなものも~。

大満足のお店。
あまり人に教えたくない。
でも誰か誘ってまた行きたい。
そんなお店です。




  


Posted by 玲子先生 at 10:15Comments(0)食べ歩き日常

大人の遠足釜山再び その④

2017年04月15日

釜山最終日。
朝から海辺ピクニック。

ホテルを出ればすぐ海という素敵なロケーションは海雲台ならでは。
お天気も良くピクニック日和。

市場で買ったイチゴと日本から持参したシャンパン持って。

う~ん、贅沢!

シャンパン×イチゴ。最高の組み合わせ。
これぞ女子旅です。

昼近くまでまったりしたら
ランチへ。
狙うは美味しい焼き肉(豚)。
前日に目をつけていた済州島の豚のお店へ。

壺でたれにつけこまれたデジカルビと

塩焼き

済州の豚はやっぱり美味しい。


ここで旅も終わりと見せかけて
なんとランチ2軒目。
出発ぎりぎりまで食べたのは釜山ならではのフグスープ。
めちゃめちゃ安くて美味しい。
時間なくて写真もないけど贅沢なスープをプリっぷりのフグの身を存分に楽しみました。


帰りのタクシーのおじさん。
途中、ガソリンないわ~空港までもつかなぁ~とドキッとする発言するも
空港近くのガソリンスタンドで無事給油。
タクシー乗ってガソリンスタンドに寄ったの初めてです。
ちょっとおちゃめなおじさんにほっこりしました。


最後はお約束の『雪氷ソルピン』で
かき氷いただいて旅をしめくくりました。




  


Posted by 玲子先生 at 09:05Comments(0)食べ歩き小旅行海外旅行

大人の遠足釜山再び その③

2017年04月13日

釜山旅行2日目。
再びタクシーで機張市場へ。
ちょっと地方の海辺の町。
この時期はわかめや昆布、海藻類が旬を迎え市場にもずらりと新鮮な生わかめや海藻類が並びます。

土曜日昼間の市場はとっても賑わって活気があります。
鮑や雲丹、海藻、キムチ、色々買って今晩は家飲みに決定です。

デザートのいちごも忘れずに。

その後向かった先は友達がどうしても行きたいと言っていた韓国茶館『비비비당(ビビビダン)』。
http://bibibidang.alldaycafe.kr/?doc=sub_01
丘の上にあると~っても素敵な茶館です。
最寄駅からだと徒歩20分くらいだそうですが、結構な坂道を登り切ったところにあるのでタクシーで行くことをおすすめします。

窓からは海雲台の海が一望でき、とってもくつろげる空間。

設えや茶器、雰囲気すべてうっとりするくらい素敵。

メニューは英語と韓国語で明記されています。

お茶には韓国の伝統菓子が添えられていて

優雅な時間を過ごせます。
海雲台周辺で時間に余裕のある方はぜひ行ってみてください。

この日は市場で買った食材でご飯を作り、皆でゆっくりいただきました。

鮑の酒蒸し、雲丹とかにの二色丼、牡蠣のチヂミ、フライドチキン(連日出前)、ホバッ(韓国かぼちゃ)のジョン、豆もやしのナムルなどなど。
ワインのお酒もビールも進み大満足でした。

途中で撃沈して早々に眠りに落ちた私。
昔に比べるとやっぱり体力落ちてる・・・
ま、仕方ない。






  


Posted by 玲子先生 at 11:56Comments(0)食べ歩き小旅行海外旅行

大人の遠足釜山再び その②

2017年04月12日

釜山旅行2日目。
この日は朝から巨済島に行って牡蠣を食べよう~!って計画だったのだけど。
子連れ旅あるあるの予定は未定。
大人都合の旅に子供はついていけません。
朝からちょっとゆっくりしてたら時間もなくなり。
お昼寝時間を確保してあげるために一旦ホテルに戻れるよう計画変更。

気を取り直して美味しいもの探し!

で、入ったところは
海雲台の駅に向かう道路沿いにある『ヘウンデオニャンプルコギ』

店内はとっても清潔な感じ。
注文したのはもちろんプルコギ。

鉄板で焼く汁だくなプルコギではなく、下味をしっかりつけたお肉を網で焼くタイプのプルコギ。

甘いタレで味付けされたお肉が最高に美味しい。

野菜で巻いてもりもり食べちゃいました。
そしてもう一品。

もはや日本では提供されなくなったユッケ。

韓国らしく定員のお姉さんが手でまぜまぜしてくれます。
久しぶりの生肉の旨さに

ビールも進んじゃいました。


その後は海雲台市場を散策し

お土産買ったりおやつを買ったり

ローカル気分を味わって一旦ホテルで休憩。

その後、機張市場に再びタクシーを飛ばしました。



その③へ続く
  


Posted by 玲子先生 at 22:03Comments(0)食べ歩き小旅行海外旅行

大人の遠足釜山再び その①

2017年04月11日

ちょっと前の話。
3月中旬にちょいと釜山に行って参りました。
夏に行ってから半年。
しょっちゅう行くので韓国でプチ整形をしているのでは?という疑惑をかけられつつ・・・

いつも通り、食べ歩きの旅でございます。

今回は友人の子供(2歳児)も一緒だったため、あまり無理はできません。
ということで宿泊ははこちら。
コンドミニアムのパレドシズ(pale de cz)
こちらのコンドミニアムは韓国のリゾート地(海雲台)に建つ高級マンション。
3棟からなるビルディングのうち1棟がホテルとして使われています。
子連れの場合、キッチン付き、洗濯機付き、ベットルームとリビング、キッチンという広々とした宿がやはり便利。
家のような感覚で過ごせるのでストレスフリーです。

強いて言うなら韓国語もしくは英語ができないとちょっと不便かな。
3日未満の宿泊では掃除は入りませんし、ごみは自分で分別してマンションのゴミ置き場まで捨てに行かなくてはいけません。
難しいことではありませんが、詳しい情報を聞くのに言語が必要。
その代り、洗濯洗剤が欲しいと言えば持ってきてもらえるし、分別のゴミ袋もフロントに言えばいただけます。
そして韓国ならではのペダル(配達)=出前もできちゃう。


部屋からの眺めも最高。

さて、チェックインを済ませたら早速お気に入りの機張市場へ

もちろん目当てはかに。
夏より少し高めの値段設定だったけど気にしない。

蒸したてのかにはやっぱり美味しい!
そしてこの時期に外せないのが

いちご。
韓国のいちごって本当に甘くて美味しくて安い。

市場では色々なキムチが売られてます。

お店で食べるとお高いカンジャンケジャンもお手軽価格で購入できます。

試しに、イカのキムチやカンジャンケジャン買ってみましたがめっちゃ美味しかったです。

さて、海雲台まで戻ったところで、ちょっとお肉も食べたいねって気分になって・・・
ホテルの近くに夜中まで行列をなしているホルモン焼き屋を発見。

さっそくホルモンセット(コプチャン、マクチャン)を注文

店員さんが程よく焼いてくれます。

焼き上がり。
噛めばジュワッと広がる脂の旨み。
噛めば噛むほどに美味しさ広がるホルモン。
こちらのホルモン、こだわりの韓牛ホルモン。
行列の意味が分かる美味しさ。これだけ食べにまた行きたい!

お店はこちら『ヘソンマクチャンチッ』
釜山のパラダイスホテルや私が泊まったパレドシズのすぐ近く。
お近くに行かれる方は是非とも行ってくださいね。

さてさて、すっかり夜22時前。
最終便で到着の友人が合流し

韓国のフライドチキンを購入

ヤンニョムチキンとフライドチキン
どちらもビールが進みます。

市場で買ったカンジャンケジャンも味見して部屋飲みで一日を締めくくりました。
















  


Posted by 玲子先生 at 14:28Comments(0)食べ歩き小旅行海外旅行

牡蠣小屋フィーバー@奈良

2017年03月11日

牡蠣が好きすぎて。
行ってきました。牡蠣小屋フィーバー。

昨年ドはまりした明石大蔵海岸での牡蠣BBQ。
今年も絶対行こうと楽しみにしていたのだけど・・・
なんと今年は営業しませんとのこと。
残念すぎる。

何とかあの楽しさ、あの感動を再び・・・
牡蠣小屋フィーバーは食べ放題での料金設定。
当然ながら食材の持ち込みなどはできませんが、せいろ蒸し、ガンガン焼き、生牡蠣、牡蠣フライと十分牡蠣を満喫できます。
まず最初に

せいろ蒸しが提供されます。
シンプルな調理法。
この日は広島産の牡蠣。
思った以上に濃厚でジューシー。
そしてここから、お待ちかねの食べ放題『生牡蠣』&『ガンガン焼き』。

つるりんっと口に入った瞬間から 幸せの旨みが広がります。
レモンをキュッと絞ってひとくちで!
何個でも食べれそう~。

そうこうしているうちにガンガン焼き(鉄板の上で蓋をして蒸し焼きにしたやつ)が焼きあがりました!

ふっくら焼き上がり。
生牡蠣とは違った美味しさ。
熱々を汁ごと口へ。
あ~もう!これも止まらない美味しさ。

すぐさまお代わりです。
このガンガン焼き、4人で×5回はお代わりした。

途中

牡蠣フライとポテトフライが提供されますが
意外にも口を変える意味で美味しかったりする。

さらに

生牡蠣お代わりし続ける。

牡蠣だけで満腹。
後にはバケツいっぱいの殻が残されました。

近々、家で牡蠣パーティやる予定。






  


Posted by 玲子先生 at 23:31Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 天ぷら『香匠』@河内花園

2017年03月08日

誕生日月間には大のお気に入りの天ぷら屋『香匠』にも行くことができました。

鮨屋と共に季節ごとに訪れたいのが天ぷら屋さん。
前回に伺ったのが秋だったので今回はまた違った食材に出会える予感。

先ずはお造りから
ここは天ぷらだけでなく一品がとても美味しいお店なんです。

天ぷらは定番の海老からスタートします。

春の食材そら豆。
初物だわ~。

言い忘れたけど乾杯はもちろん日本酒で。

ほたて貝。

あれ?これなんだったっけ?

大好きな牡蠣。
美味い!牡蠣フライより天ぷら!
噛んだ瞬間のジュワット出る汁が何とも美味しい。

じゃがいも。
マッシュにしてあって手が込んでる。

玉川も天ぷらによく合いますわ~。

しいたけに

アスパラ

ふきのとうに

タラの芽と春の山菜が続きます(追加注文だけどね)

最後は小さな小さな天丼で締め括り。

いつも通り大満足。
近鉄沿線にお住まいの方は是非行ってみてください。
おすすめです!










  


Posted by 玲子先生 at 18:25Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 だらず庵@難波

2017年03月04日

この日は高校のプチ同窓会。
幹事からの昭和のオッサン秘密基地か個室系のレストランかどっちがよい?
という問いかけに、すかさずみんなが出した答えが
もちろん『昭和のオッサンの秘密基地』で!

で集合をかけられたのがこちら『だらず庵』

場所がめちゃめちゃディープで・・・
えっ!こんなとこ入って行っていいの?と驚くビルとビルの間の狭い通路(途中鉄の門扉みたいなものあり)。

人の紹介なかったら絶対行かれへん。

で、この日は店主お任せコース。
前もって好みや予算を聞いてやってくれます。

アテ色々盛りだけで相当飲める。

さっくり日本酒に突入しました。
睡龍 奈良の久保本家のお酒♪
これNewを開けてもらったけど、最後結局空になった(誰飲んだんやろ~?)。

日本酒に突入したとたん大将が美味いつまみを出してくれる!
やばい、美味しい。
これ、大阪ではあまり見かけない貝。
藻貝、赤貝(鮨屋で見かける赤貝とは別)と地域によって呼び名が変わるらしい。

ヒラメの昆布〆が激ウマ!

全て新鮮、美味しいお造りばかり。
いやぁ。オッサンの秘密基地恐るべし。

こんな変わった食べ方もさせてくれる。

そりゃお酒も止まりません。

何といっても良いのは、皆のお酒のペース、食のペースが合うという点。
高校の同級生なのに女子も男子もそろって酒好きって珍しいくないのかな。

初物の筍のもちろん最高だったし

もはや覚えていない肉料理も(笑)

〆はお蕎麦のパスタ。
これもまた美味でした。

また絶対行こうと思います。
オッサン要素を持つ人なら誰とでも。

同級生との飲み会はやっぱ最高です。










  


Posted by 玲子先生 at 18:59Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 ベツジン@天王寺

2017年03月03日

誕生日月間思い返すと本当に贅沢な日々。

この日は、北海道音更町から野菜の生産者の方々が来阪しており、野菜を卸している店舗への視察を兼ねたお食事会に参加させていただきました。
うちの教室での味噌作りに使用している音更町の大袖大豆もこの方々にお願いしているのですよ。

訪れた先は天王寺に店舗を構える『ベツジン』。

ウェディングパーティなんかにも使用される素敵な洋館風のレストランです。
噂には聞いていたものの訪れるのは初めて。

シェフにお料理~ワインのペアリングまでお任せしました。

一皿目は北海道のリーキを使ったお料理。
リーキの甘さを活かしたムースやソース。
キャビアが添えられていたりなんかしてお洒落に変身。
ちょっとしたデザートのようでもあります。

前菜には、色とりどりの野菜にタラの白子のソテー。
北海道ではこの白子のことをタチって呼ぶんですよね。

続いてイチゴのパスタ。
甘酸っぱいフルーツパスタは春を運ぶ一皿ですね。

お魚料理にはすっきり白ワインを。
ここまでですでにワイン3杯

続いてハマグリと菜の花のパスタ。
旨味たっぷりのハマグリに春の食材独特の苦みが絡まったパスタは最高。

ワインもあっという間になくなります。

お肉は豚のソテー。
赤ワインも忘れずに。

しっかり飲んでしっかり食べて。
特に野菜に注目して食したこのディナー。
最近お肉がしんどくなってきた私は野菜がメインのお料理があってもよいなぁ。なんて思いました。

そしてなんと、この日は誕生月だと伝えていたわけではなかったにも関わらず、会話の中からくみ取って下さりこんな素敵なデザートプレートが。
嬉しい~。

フィンガーサイズの菓子と

優しい珈琲で楽しい時間があっという間に終わりを告げました。

生産者の皆さま、美味しくお料理してくださったシェフ、素敵な空間を提供してくださったスタッフの皆さまありがとうございました。







  


Posted by 玲子先生 at 11:38Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり@京都

2017年03月02日

誕生日月間あえなく終了。
2月って日数少ないからなんだか損した気分(笑)。
とは言え、色々な場所でたくさんの人にお祝いしてもらったので幸せな月間でした。
忘れないようにアップします。

2月と言えば、姉もまた誕生日。
毎年一緒に誕生日お祝いランチをしています。
ここ数年は姉の住む京都に出向くのだけど、今年はあまり下調べなく・・・
訪れたのは『膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり』

元呉服商の店舗兼住居をリノベーションしたという建物。

店内は店舗だった部分の洋館風作りと

住居だった部分の純和風の家屋に別れてます。
今回はこちらの和室で素敵なお庭を眺めながら。
土鍋のふかひれ餡かけごはんが人気のお店のようなので

ふかひれ美人膳というランチコースをいただきました。
初めに9種の一品料理が少しずつ。

少しずつ色々とつまめるこの一膳目。
結構気に入りました。
で、メインのふかひれ御飯

姉はご飯ではなく麺を選んでこちら

どちらもふかひれの姿煮がど~んとのっています。

これは写真映えしますね~。
美味しそう~。


スープもついてきます。
このころにはすでにビールを飲み干してしまってたのでお茶。

なんやろ。
ガッツリ飯セット食べてる気分になってきた。

餡かけの餡が結構味濃くて・・・
ふかひれ姿で入ってるけど、あんまり感動しない(笑)。
うん、好きな人は好きなんだろう。
私と姉は同じごはんで育った者同士・・・
味濃いなぁ。
最初の9種の皿だけで十分だったかも。
などなど 辛口コメントを爆発させてしまった。
ランチタイムだったからかスタッフの方に結構急かされたような場面もあり・・・
なんだか大満足!とはいかなかったのです(汗)。


デザートの杏仁豆腐、美味しくいただいてお店を後にしました~。

なんだか満足しきれない我ら。
普段はあまりしないお茶タイムを取りました。

こちらの紅茶専門店かなりお勧めで~す。

















  


Posted by 玲子先生 at 10:40Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 日本酒ビストロオダギリ@北新地

2017年02月18日

今年の誕生日月間、めっちゃ楽しみにしていたお店がこちら
『日本酒ビストロオダギリ』
飲み仲間で貸切りました~。
店主が作る丁寧な一品一品にいつも悶絶してしまう上に、それぞれに合わせた日本酒がまた最高。


誕生日ということで泡で乾杯です♪
そして楽しみな一品目は

カニ味噌の洋風茶わん蒸し
かにの身もたっぷり、かに味噌の風味、こくが利いた茶わん蒸しは言わずもがなお酒が進みます。

ここで
立春朝絞り 3つの蔵の飲み比べです。
2月生まれの特典と言っても良いこの立春朝絞りにありつける喜びをかみしめていると
何かを炙る香ばしい匂いが漂います。

お次のアテにこの香ばしいやつがおりました。犯人は『のどぐろ』。く~っ。
もうここで悶絶。美味しすぎる!
鮑にいくら、のどぐろって贅沢すぎやんか~。

と、そんなこんな感じで食べ続け

飲み続ける。
そんなカウンターはやっぱり楽しい。

店主の小田切さんは甘いマスクの男前。

和食に偏らず、それでいてすべて日本酒によく合うお料理たち。
もう私のドストライクなんです。

あ、ワインも揃ってますので日本酒苦手な人ももちろん虜になること間違いないです。

誕生日ってことでケーキ。
準備してくれた友人たちに感謝。

しかも小さくそれぞれの好みに合わせたサイズにカットしてくれる店主がまた憎いの。

とっても嬉し楽しい誕生日会でした。
皆ありがとう。



  


Posted by 玲子先生 at 18:25Comments(0)食べ歩き

誕生日月間2017 八孝@上本町

2017年02月16日

2月誕生日月間。
忙しく過ごしております。

多くの方にお祝いしていただいた楽しい思い出を残しておこうということでアップ。
2月10日は私の誕生日。
そしてここ5年ほどは毎年同じお店でお誕生日会を開いてもらっています。
自ら予約して自ら友人を集めるという半ば強制的な誕生日会(笑)。
今年もお世話になりました『鮨処八孝』


大将が乾杯用のスパークリング日本酒を用意してくれました。

さっそくアテからスタートしましょ。
この季節欠かせない生牡蠣。
いう間でもなくうま~い。
他にも大将お手製のいかの塩辛、たこの煮もの、なまこなどなど

いつも通りお酒が進む進む。

お造りにはこの日イチオシのとり貝。(写真左奥)
こんなに肉厚で旨みたっぷりなとり貝はこのお店以外で口にしたことありません。
アテだけでいつまでも飲んでたいけど、せっかくの極上お鮨もいただかなくては。

まぐろに、ぼたん海老、コハダ、煮ハマグリ
言うまでもない・・・

とろける穴子。
思い出しただけでよだれが・・・

さらに、ウニ、赤貝、とろたく、かんぴょう巻。

鮨も止まらないけどお酒も止まらん。

まだいける?という大将の一言に
もちろん!
赤貝もう一回~。

その後は大将がお任せで色々握ってくれました~

かにに、鰻に、いくら。

お腹いっぱいだけどやめられない~。
最高の誕生日ディナーであったことはいう間でもありません。

さらに

ハッピーバースデーの

ろうそく

美味しい中谷亭の誕生日ケーキまで。

毎年本当にありがとう。
死ぬまで毎年ここでお祝いしたいものです。









  


Posted by 玲子先生 at 20:40Comments(0)食べ歩き

イギリスフェア2016@阪急百貨店

2016年10月13日

今年も行ってきましたイギリスフェア。
毎年人気のこのフェア。今年は初日に行くことができました。

初日ということもあり、すっごい人。

今年はハートオブイングランド、ウェールズ、北アイルランドにスポットを当てられています。

チラシで見たフィッシュ&チップスやこだわりのチョコやスコーン、ケーキなどなど。
今年は紅茶も多かったなぁ。

で、毎年大好きなこのフェアなのだけど、実際私は甘いものやスコーン・ジャムなどあまり食べないので。
主に見るのは食材やお酒、調味料。

今年特に気に入ったのは

こちらのチーズ
「Snowdonia・cheese company」
可愛い色のワックスでコーティングされた6種類のチーズ。

この方がもうね、すごく素敵でどんどん試食させてくださいます。
しかも各チーズの説明とそのチーズを使ってどんな料理にすればよいかとかこんなワインに合うわよとか、おしゃべりしながらお勧めしてくれる。全種類パクパク食べちゃいました。
そうなると今度は喉が渇いて近くのビールカウンターへ

ザ・グレートオームブリュアリの生ビール。

滑らかでクリーミーな泡のきれいなビールでした。
水が美味しい地域らしくすごく水が滑らかな感じ。

イベント満喫。
今回ゲットしたのは
スノードニアのチーズ
*BOUNCING BERRY クランベリー入り熟成ホワイトチェダー
*BEECHWOOD 自然燻製されたまるみのある熟成チェダー
*RUBY MIST ポートワインとブランデー香る熟成チェダー
CORNISH SEA SALTの塩
*ガーリックシーソルト
*シーソルト オリジナル

スモークチーズやスモークホタテもとても美味しかったので買いたかったけど・・・
チョコレートもヌガーも美味しかったけど・・・
フィッシュ&チップスもロブスターのサンドも食べたかったけど・・・

うっかり買いあさると破産しそうなのでね。

これらのチーズでワインを楽しむ日を心待ちに、しばらく頑張りたいと思います!

18日まで開催されています。
お時間ある方は行ってみてくださいね。





  


Posted by 玲子先生 at 13:22Comments(0)食べ歩き日常

大阪城クラフトビアホリデイ

2016年10月10日

3連休初日。
行ってきました「大阪城クラフトビアホリデイ」。
国内21箇所の醸造所が出店していました。

思いのほか暑い!ってことで早速ビールいただきますよ。

先ずはここ。志賀高原ビール(長野県)。

私はフレッシュホップで醸したビール、友人はベリーのビールで乾杯。
香りがとっても爽やかでフルーティ。
でも味はしっかりビールです(当然)。

美味しい♪ アテにはまぐろ食堂のまぐろのタツタ揚げを。
これがまためっちゃビールに合って美味しかった。
続いて向かったのは

焼き鳥の有名店 うずら屋さん。

こちらの唐揚げももちろん間違いなく美味しい。
ビールは京都醸造(京都府)の秋なんとかっていうやつ。
苦み、コクともにしっかりめのビール。
続いて海軍さんの麦酒(広島県)。
暑くてビールが進む進む。
続いて

Y.MARKET BREWING(愛知県)

一番人気というこちらを頂きました。

そして最後の一杯、一番気に入ったビールは
ハーヴェストムーン(千葉県)のフレッシュホップを使ったビールでした。
写真なし(涙)

いやぁ、色々な種類のビール飲めて楽しかったぁ!
おつまみは、まぐろ食堂のマグロのタツタ揚げ、うずら屋の鶏のから揚げ、キッチンNicoの餃子、コアラ食堂のソーセージ、串カツさくらの串揚げ。
揚物多いな。
ビールのお供の定番なので仕方ない。
美味しかったからまぁいいっか。



  


Posted by 玲子先生 at 01:13Comments(0)食べ歩き日常

日本酒専門店 だいどこやまなか@大国町

2016年09月18日

秋酒の季節がやってきました!
ビールは秋味、酒はひやおろし。

不思議と秋の食材には秋のお酒が合うもんですね。

そして10月1日は日本酒の日。
この日に合わせた日本酒のイベントがたくさんあって体が足りないくらいです。
とは言え、10月1日は毎年参加している日本酒ゴーアラウンド。

今年は大阪だけじゃなく、京都、神戸、広島、福岡、東京、札幌と同時開催。

さっそく参加賞のバッチを購入にきました。

私は迷わず大阪バージョン。
酒ずきんちゃんの頭巾がたこ焼きになってる~。
可愛い。
一緒に行ったKちゃんは中国地方出身ということで広島バージョンをゲット。
それぞれの地域色が出てどれも可愛い。

さて、この日訪れたのは御用達の木津市場内にあるだいどこやまなか。
地酒専門店、「山中酒の店」の直営店です。
乾杯に選んだのはちょいときれいで華やか系のお酒

FUと東洋美人
FUは私にとってはジュースみたいで頼りなかった(笑)。

お通しのもずく酢はさっぱりしてて口が洗われる~。

お造りの盛り合わせも美しい。(市場内のお店なんでお造りは間違いなし!)

お酒はそろそろ燗がいいね。
天の戸の生酛

う~ん。この酸味と米の味、湯気とともにふわっと上がる香りがたまらん。

秋刀魚の肝焼き。
この肝ソースが美味しすぎて、ソースだけでちびちび飲める。

鯛の葛あんも優しいお味。
やっぱり美味しいお酒を扱うお店はお料理も美味しいな。

最後のお酒はもう一度きれい系の冷酒に戻って
亀泉

〆にはカレーを諦めきれないKちゃんのためにプチサイズで作ってもらいました。


10月1日、日本酒ゴーアラウンド待ちきれません。








  


Posted by 玲子先生 at 10:11Comments(0)食べ歩き